スポンサーサイト

  • 2011.04.22 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「そのどこかに男たちはいたという」の舞台写真を公開!

 「そのどこかに男たちはいたという」の舞台写真を公開します!
女性バージョンとは違う雰囲気ですが、実は同じ舞台上!

両方ご覧頂くと、さらに楽しめる内容となっております!


【期間限定saccharin 残席情報 2/20現在】

残席情報をお知らせいたします。

===
2月20日(日)14:00 当日券あり
2月20日(日)18:00/ATゲスト(土田英生氏/MONO) 当日券あり
2月22日(火)15:00 ◎
2月22日(火)19:00 ◎
2月23日(水)13:00 ○
2月23日(水)17:00 ◎

◎・・・余裕あり
○・・・若干の余裕あり
===

舞台構造の都合上、客席数に限りがございます。
お早めにご予約くださいませ。

当日券や、何かご不明な点などございましたら、
06-6910-8615(財)大阪府男女共同参画推進財団 企画推進グループまで
お気軽にお問い合わせください。

saccharin制作部からのお知らせでした。



期間限定saccharin 残席情報(2/18現在)

【期間限定saccharin 残席情報】

残席情報をお知らせいたします。

===

2月18日(金)19:00 当日券販売します
2月19日(土)15:00 ◎
2月19日(土)19:00 ×
2月20日(日)14:00 ◎
2月20日(日)18:00 △
2月22日(火)15:00 ◎
2月22日(火)19:00 ◎
2月23日(水)13:00 ○
2月23日(水)17:00 ◎

◎・・・余裕あり
○・・・若干の余裕あり
△・・・残席僅か
×・・・完売

===

舞台の都合上、客席数に限りがございます。
お早めにご予約くださいませ。

当日券や、何かご不明な点などございましたら、
06-6910-8615(財)大阪府男女共同参画推進財団 企画推進グループまで
お気軽にお問い合わせください。

saccharin制作部からのお知らせでした。



「そのどこかに男たちはいたという」台本プレゼントのお知らせ

本日初日を迎えます、「そのどこかに男たちはいたという」の台本を、
両公演ご来場頂いたお客様へプレゼント致します!

この作品は、関西で活躍中の、女性劇作家5名
棚瀬美幸(南船北馬)、樋口ミユ(劇団Ugly duckling)、芳洋子(糾〜あざない〜)、
竜崎だいち(ミジンコターボ)、遠坂百合子(リリーエアライン)が、

『土田英生/作「その鉄塔に男たちはいるという」(6OMS戯曲賞大賞)』
からインスパイアされ、
今公演用に書き下ろした戯曲になります。

ご希望のお客様は、受付にてチケットの半券(2バージョン両方)を
ご提示ください。その場でプレゼントさせて頂きます!

お気軽に、受付スタッフまでお申し付けください。


saccharin制作部からのお知らせでした。


仕込み



いろいろありましたが仕込み終了いたしました。美術担当のサカイです。いや本当にいろいろあったなあ。ご尽力いただいた皆さん、本当にありがとう。そしてごめんなさい。でも、おかげさまで仕上がりは良いです。ご期待ください。写真は「男たち」明かり作り中の舞台。携帯カメラの画質が劣悪で申し訳ございません。いよいよ明日、まずは「女たち」の初日が幕を開けます。

公演詳細


女性芸術劇場 期間限定サッカリン第二回公演




「その鉄塔に女たちはいるという」

原作 土田英生(MONO) 「その鉄塔に男たちはいるという」
演出 土橋淳志(A級MissingLink)

出演 棚瀬美幸(南船北馬)、樋口ミユ(劇団Ugly duckling)、芳洋子(糾〜あざない〜)、竜崎だいち(ミジンコターボ)、遠坂百合子(リリーエアライン)


「そのどこかに男たちはいたという」
 棚瀬美幸(南船北馬)、樋口ミユ(劇団Ugly duckling)、芳洋子(糾〜あざない〜)、竜崎だいち(ミジンコターボ)、遠坂百合子(リリーエアライン)
演出 安武剛(トイガーデン)

出演 大塚宣幸(大阪バンガー帝国)、坂口修一西田政彦(遊気舎)、ファック ジャパン(劇団衛星)森田真和(尼崎ロマンポルノ)


【日時】 2011年2月17日(木)〜23日(水)

2月17日(木)              19:00「女たち」
2月18日(金)              19:00「男たち」
2月19日(土)15:00「男たち」 / 19:00「女たち」
2月20日(日)14:00「男たち」 / 18:00「女たち」
2月22日(火)15:00「女たち」 / 19:00「男たち」
2月23日(水)13:00「女たち」 / 17:00「男たち」

★2月21日(月)は劇場休館日につき休演。
★2月20日(日) 18:00 「女たち」パート終了後に原作者、土田英生さん(MONO)をお迎えして、アフタートークを開催致します!

*開場は開演の30分前、受付開始は40分前。

*各回一時保育サービスあり。対象:1歳~就学前、公演の1週間前〆切
  要予約(06-6910-8615)/ 保育料1,500円


【料金】 (「女たち」、「男たち」各) 前売2,000円 当日2,500円
      *日時指定、全席自由席

★チケット予約フォーム
http://ticket.corich.jp/apply/24981/


【場所】 
ドーンセンター
 パフォーマンススペース


より大きな地図で ◆ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター) を表示


【お問い合わせ】
ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)
〒540-0008 大阪市中央区大手前1−3−49 
Tel 06-6910-8615
Fax 06-6910-8624
URL:http://www.ogef.jp/index.html
    http://www.dawncenter.or.jp/top/index.jsp


Twitterはじめてみました

期間限定サッカリンも最近流行しているというTwitterをはじめてみました。

フォローはこちらから
今回のドーンセンターでの公演に対する情報や稽古場のことなども発信していければと思いますのでTwitterのアカウントを持っている方はフォローをしてもらえるとありがたいです。

アフタートーク開催決定

2/20日曜日 18:00 「女たち」パート終了後に原作者、土田英生(MONO)をお迎えして、アフタートークを開催致します!

12年の時を経てリライトされた「鉄塔〜」に纏わる話をお伺い致します。
観劇と併せてお楽しみ下さい!

作品紹介




関西で活躍する女性劇作家が体当たりで名作戯曲と向かい合う「期間限定サッカリン」第二回公演は、土田英生氏が1998年に執筆した「その鉄塔に男たちはいるという」を女性劇作家5人がリライトし俳優として演じる「その鉄塔に女たちはいるという」と、5人が戯曲からインスパイアされて執筆した短編オムニバスを実力派男優5人が演じる「そのどこかに男たちはいたという」を交互に上演いたします。






「その鉄塔に女たちはいるという」


【原作】
 土田英生(MONO)「その鉄塔に男たちはいるという」
【演出】 土橋淳志(A級MissingLink)

 とある戦争の最中のこと。突然、戦うことを放棄した人々がいた。
 つい昨日までは最前線のテントの中で、楽しくにぎやかに人を笑わせていたはずなのに、 
 今日の朝食後に彼らを見たものは誰もいない。
 しかしある情報筋によれば、その鉄塔にたちはいるというーー。


慰問先の駐屯地から脱走し森の中に建つ鉄塔に逃げ込んだ、4人のコメディエンヌ。やがてそこに一人の脱走兵が現れる。極限状態の5人の女たちをシニカルにコミカルに描きます。

【出演・脚色】

 
棚瀬美幸(南船北馬)
 遠坂百合子(リリーエアライン) 
 
樋口ミユ(劇団Ugly duckling)
 芳洋子(糾〜あざない〜)
 竜崎だいち(ミジンコターボ





 
「そのどこかに男たちはいたという」


【演出】
 安武剛(トイガーデン)

【上演作品】 ※上演順ではありません

  ■棚瀬美幸 作 「キリギリスになれなかったアリ」
  ■遠坂百合子 作 「森の中」
  ■樋口ミユ 作 
「Jくんのコト」
  ■芳洋子 作 
「ともだち」
  ■竜崎だいち 作 
「CHO-MA★」

「その鉄塔に男たちはいるという」にインスパイアされてサッカリンたちが書きおろした新作短編5編を気鋭の演出家、安武剛がリミックス。絶体絶命の状況で必死にもがく男たちの姿をポップに描きます。

【出演】

 大塚宣幸(大阪バンガー帝国)
 坂口修一
 ファック ジャパン(劇団衛星)
 西田政彦(遊気舎)
 森田真和(尼崎ロマンポルノ)


期間限定サッカリンとは



期間限定 Saccharin(サッカリン)とは・・


棚瀬美幸、樋口ミユ、なかた茜、芳崎洋子が結成したユニットです。
各劇団の枠を超えて、演劇を創っていく過程で、大阪の演劇界の現状や将来について考え、女性の視点で作品を創っていくことをめざしています。
今回は新たに遠坂百合子・竜崎だいちを加え第二回公演をおこないます。



棚瀬 美幸 南船北馬

一貫したテーマとして「現実感を失った時代におけるリアル」を模索、表現し続ける。
代表作・・・「帰りたいうちに」(第7回日本劇作家協会新人戯曲賞)
「シアン」(07年AAF戯曲賞佳作)
「ななし」(第15回OMS戯曲賞佳作)

遠坂 百合子 リリーエアライン

優しく簡潔な物語と、かつて画家を志したという平面的美意識で、独自の劇世界を展開。「惑星ピスタチオ」に参加後、フリーの俳優・美術家としても活動。
代表作・・・「Snow」「嶋田綾子リサイタル〜星に願えば」



樋口 ミユ 劇団Uglyduckling

現代社会を斬新な価値観でとらえ、奇想天外かつダイナミック、ときにはファンタジックに描く。
代表作・・・「深流波 シンリュウハ」(第7回OMS戯曲賞大賞)
「ひとよ一夜に18片」(第8回OMS戯曲賞大賞)


芳崎 洋子 糾〜あざない〜

人の交錯する思いを丁寧に描き出し、現在までに20公演を行う。
代表作・・・「ゆらゆらと水」(第8回日本劇作家協会新人戯曲賞)
ラジオドラマ「風に刻む」(平成21年度文化庁芸術祭大賞)


竜崎 だいち ミジンコターボ

SF・ファンタジー・時代劇など幅広いジャンルを描きわける。一人芝居「純白プロレタリア」に出演するなど俳優としても活動中。
代表作・・・「ダメダメサーカス」「カレル・チャペックの砦」「不死身のゲドウ」


公演情報

■→期間限定サッカリンとは

■→作品紹介

■→公演詳細

■→チケット予約
latest entries
category
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links