<< サッカリンの新年会 | main | 経過 >>

スポンサーサイト

  • 2011.04.22 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


作品紹介




関西で活躍する女性劇作家が体当たりで名作戯曲と向かい合う「期間限定サッカリン」第二回公演は、土田英生氏が1998年に執筆した「その鉄塔に男たちはいるという」を女性劇作家5人がリライトし俳優として演じる「その鉄塔に女たちはいるという」と、5人が戯曲からインスパイアされて執筆した短編オムニバスを実力派男優5人が演じる「そのどこかに男たちはいたという」を交互に上演いたします。






「その鉄塔に女たちはいるという」


【原作】
 土田英生(MONO)「その鉄塔に男たちはいるという」
【演出】 土橋淳志(A級MissingLink)

 とある戦争の最中のこと。突然、戦うことを放棄した人々がいた。
 つい昨日までは最前線のテントの中で、楽しくにぎやかに人を笑わせていたはずなのに、 
 今日の朝食後に彼らを見たものは誰もいない。
 しかしある情報筋によれば、その鉄塔にたちはいるというーー。


慰問先の駐屯地から脱走し森の中に建つ鉄塔に逃げ込んだ、4人のコメディエンヌ。やがてそこに一人の脱走兵が現れる。極限状態の5人の女たちをシニカルにコミカルに描きます。

【出演・脚色】

 
棚瀬美幸(南船北馬)
 遠坂百合子(リリーエアライン) 
 
樋口ミユ(劇団Ugly duckling)
 芳洋子(糾〜あざない〜)
 竜崎だいち(ミジンコターボ





 
「そのどこかに男たちはいたという」


【演出】
 安武剛(トイガーデン)

【上演作品】 ※上演順ではありません

  ■棚瀬美幸 作 「キリギリスになれなかったアリ」
  ■遠坂百合子 作 「森の中」
  ■樋口ミユ 作 
「Jくんのコト」
  ■芳洋子 作 
「ともだち」
  ■竜崎だいち 作 
「CHO-MA★」

「その鉄塔に男たちはいるという」にインスパイアされてサッカリンたちが書きおろした新作短編5編を気鋭の演出家、安武剛がリミックス。絶体絶命の状況で必死にもがく男たちの姿をポップに描きます。

【出演】

 大塚宣幸(大阪バンガー帝国)
 坂口修一
 ファック ジャパン(劇団衛星)
 西田政彦(遊気舎)
 森田真和(尼崎ロマンポルノ)


スポンサーサイト

  • 2011.04.22 Friday
  • -
  • 10:38
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
公演情報

■→期間限定サッカリンとは

■→作品紹介

■→公演詳細

■→チケット予約
latest entries
category
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links