<< 作品紹介 | main | 今日の稽古 >>

スポンサーサイト

  • 2011.04.22 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


経過

ごぶさたしてます。
糾〜あざない〜の芳崎です。


さて、今回の企画、このブログ上では2010年10月から始まってます。


が、しかぁし!!


最初の始まりは、2009年9月なのであります。

その間、コツコツと皆で頭寄せて、積み上げてきたのです。

そこで、現在に至るまでのこの企画の流れを、ザックリ書いてみましょう。


2009年

9月:
ドーンセンターさんから、企画の依頼。

内容は、女性劇作家が演じるAプロ(女たち)と、その作家達が書くBプロ(男たち)の二本立て。

2009年10月〜2010年1月:
初回メンバー4人で、登場人物が全員女性の戯曲を、ひたすら読みあさる。

ええ、前回はあの清水邦夫氏の『楽屋』でしたからね。

2010年
1月末:
適した作品が見つからず。
Aプロ演出の土橋くんから、土田英生氏の『その鉄塔に男たちはいるという』を女性版でやろうという提案。

2月:
話し合いを重ねた結果、『女版・鉄塔』に決定。

作者の土田氏に了承を得る。

スタッフ決定。



2月〜4月:
どのような公演にしていくかを皆で相談しながら、Aプロ出演者を決定。

4〜7月:
Bプロの演出家、出演者を決定。

5月〜:
Aプロ稽古開始。

8月〜10月:
『鉄塔』の台本書き換え。

11月:
チラシ作成。
Bプロ(この頃には「男たち」ですね)の台本書き上げ。

12月〜:
「男たち」稽古開始。


というながぁ〜い経緯が、あったわけです。


その私たちを支えてくださっている方々も、たくさんおられます。

その中のお一人、毎日新聞の畑律江さんを御紹介します。

いつも、美味しい差し入れと共におみえになる畑さん。

今日は、いろとりどりのマカロンでした☆

ステキな笑顔、ごらんください!

って…あれ…
写真の載せ方がわからない汗汗汗

すみません、次回こそは

スポンサーサイト

  • 2011.04.22 Friday
  • -
  • 00:31
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
公演情報

■→期間限定サッカリンとは

■→作品紹介

■→公演詳細

■→チケット予約
latest entries
category
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links